スポンサーサイト

--年--月--日  [ スポンサー広告 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 --:-- | PageTop

「老後は都会で」が大多数

2010年07月24日  [ 山暮らし > 移住 ]
那須です。

午前中はめちゃくちゃ晴れて暑かったですが
午後2時過ぎから雷&大雨となりました。
雨の後は気温20℃ちょっと。非常に快適です。(^^)v
東京とはおおちがいだ。。。



さて、先日こんな記事を読みました。

「老後は都会で」が大多数 田舎暮らしに不安抱く
J-CASTニュース 2010/7/19 18:00


老後を都会で暮らしたい人が多くなったわけではなくて
もともとこんなもんなのではないかな??

老後を田舎で!というのは確かに流行りだけど
そういうのが目立つのはメディアとかで取り上げられているからであって
「田舎もなんだかのんびりできてよさそうだけど現実的なこと考えたら都会よね」
というのが、昔も今も多数なのではないでしょうか。

田舎暮らしを始めて挫折する人というのは
あまりよく考えないでなんとなく始めてしまった人だと思われ。
よく考えないでなんとなく始めたら、
田舎暮らしに限らずたいてい挫折すると思われ。

車がないと生活できない(かも)とか
病院が近くにない(かも)とか
買物が不便(かも)とか
濃い人づきあいになじめない(かも)とか
そういうことは事前に考えられるかぎりのことを考えてから行動するもんだと思う。

ま、考えられる限りの事を考えても、それ以上の事態が起きてしまう
というのは間々あるわけですが。。(^^ゞ


以下、記事を転載。

老後を田舎でのんびり暮らしたい。そんな憧れをもっている都会人は多いはずだ。田舎に転居した老夫婦のドキュメント番組「人生の楽園」(テレビ朝日系)は人気だし、田舎暮らしを支援するサイトも続々と登場している。しかし、現実を知ると、そう簡単なものではないことに気がつくようだ。
国土交通省が2010年6月30日に発表した住まい」に関するアンケートでは「老後は田舎よりも都会に住みたい」と考えている人が73.9%と圧倒的多数だった。

田舎暮らしを始めて挫折する人が多い
アンケートは10年1月から2月にかけ、全国の20歳以上の男女994人から回答を得た。自然に恵まれた地方よりも、娯楽施設や医療・福祉施設などの各種施設が充実し、交通アクセスの良い都市部に住みたいという結果だった。
老後を都会で暮らしたいと思う人がどうして多くなったのか。例えば、Q&Aサイト「ヤフー!知恵袋」を見ると、2010年6月23日にこんな質問が出ている。
「老後こそ便利な東京に住みたいという考え方は日本人のなかで珍しいでしょうか?」
メディアの報道やネットを見ると、老後は田舎で暮らしたい、というが主流に見える。しかし、地方から上京してから15年の体験と、75歳を過ぎて車の運転が難しくなっている実父を見ていると、東京でずっと暮らしたいと考えるようになった、というのだ。
この質問には10の回答が付いている。そこには、
「現在も東京ですが、すぐ近くに大きな病院が何件もあるし通りに出ればタクシーはたくさん走っているし。田舎で年を取ったら大変だと感じます」
「老後を東京で生活するのは良いなぁと思います。ただ一つ心配な点は、公立の老人ホームや介護施設の空きがないことですかね」
「定年後に田舎暮らしを始めて挫折する人が多いそうですよ。車がないと暮らせない場所が多いですから買い物ひとつにしても困ってしまったり、濃密な人間関係になじめない人が多いのだとか」
などと書かれていて、都会に住むことに肯定的な意見が多い。

「田舎暮らししたいなら積極的な目標持て」
不動産経済研究所役員の福田秋生さんは、老後の居住選択に田舎を外す傾向が強くなったのは、交通が不便で病院など福祉施設が少ないことはもちろんだが、過疎化が急速に進んだことが大きな原因だと指摘する。地方経済は疲弊し、若者は都会に出て人口が減少。大手スーパーが撤退し、買い物にも支障が出ている。
田舎は都会と比べ人間関係のストレスは少ないものの、周りは老人だらけ。コミュニケーションを取ろうとしても、家が離れていて、いざというときの交流が難しい。
「老後に田舎に住んでうまくいく人は、田舎に行って何をするのか積極的な目的を持っている人。のんびりしたいだけでは難しいと思います」
と話している。




田舎暮らしができる人 できない人 (集英社新書)
玉村 豊男
集英社
売り上げランキング: 107307
おすすめ度の平均: 3.5
4 自分の「人生の楽園」を考えるきっかけにはなるかも
5 田舎暮らしに成功した事例
2 憧れの読み物です。
3 玉村ワールドから少し離れた作品
4 田舎暮らしを身近に考えるきっかけに



田舎暮らしに殺されない法
丸山 健二
朝日新聞出版
売り上げランキング: 75013
おすすめ度の平均: 4.0
2 鼻持ちならないが効用もある書
4 貴方は自立しているかということを問いかけられた気がする
4 二十代の女性ですが
4 面白くて一気読み…!
5 垣内自治



【関連記事
「田舎暮らしの本」 (2010-06-23)
週末山暮らしって何なんでしょうね? (2010-05-16)


2010年07月24日 18:59 | Comments(2) | Trackback(0) | PageTop
コメント
興味深いですね
はじめまして。
ときどき拝見してます。
興味深い記事の紹介、ありがとうございます。

田舎暮らしはいろいろ問題が多いですね。
都会からの移住云々をするなら、基本は、濃い付き合いじゃないでしょうか。
それができれば、ほとんどの問題は解決できるような気がします。

地元のお年寄りは、都会に行きたいという人は少ないようです。

地元の人は排他的ですし、役場も、無策、無気力ですからねえ。
田舎移住は、濃い付き合いが出来る前に挫折してしまうのでしょうね。

ちなみに、ボクも山暮らししてますが、濃いつきあいはほどほどにして、割り切って、今は、楽しんでいますよ。
あかじい URL 2010年07月24日 21:03:26
Re: 興味深いですね
あかじいさん はじめまして。

読んでいただきありがとうございます。
また、コメントもありがとうございます。

‘「老後は田舎よりも都会に住みたい」と考えている人が73.9%’
のかなりの部分を都会在住者が占めていると思います。

あかじいさんは田舎でのやりたいことがはっきりしておられるので
人づきあいとかをわりきることが(どちらかといえば)容易なのでしょうね。

都会人って、自分のまわりにいる他人を風景として認識するところがありますからね。(^^ゞ
(そうしないと数が多すぎ&距離が近すぎで、ストレスで生活できない)
杉丸 URL 2010年07月25日 05:14:34

管理者だけに表示する

プロフィール

カテゴリ

タグ

関連リンク

カウンター

検索フォーム

カレンダー

月別アーカイブ

ランキング

全記事表示

最新記事

QRコード

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

リンク2

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。